読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

剣豪、神になる

 前回と、前々回の記事を読んでからどうぞ。

 ある時、クリシュナさんから電話がかかってきた。「剣豪が自分が神だといいだした。」と。

この世界はなんでもありです。
人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である。ということです。
ありえないなんてことはありえません。
あなたがありえないと思っていることはありえます。知らないことには答えられませんが、もしかしたら私が知っていて、あなたが知らないだけかもしれません。あなたが質問をするなら、私は答えるでしょう。もちろんあなたが知っていて、私が知らないこともあります。そこは同じ人間、「自分同士」助け合っていきましょう!


 私は、「そうなんですか。なんでですかね?」と聞くと「わからん」と。
そして少し話した後「またおもしろいことあったら連絡する」とクリシュナさんが言うわけです。

電話の後、私は考えるわけです。神とはなんだろうと。神話では神様が世界を作ったと言われてますが、じゃあ神様は誰に作られたんだよ。その作ったやつは誰に作られたんだ。これが無限に続くわけです。
宇宙も神も人も同じです。
そして、現実も夢も幻想も全ては等しいです。
 現実と虚構は以前は区別が付けられていましたが、これからは区別という差別がなくなっていきます。これが当たり前になった時、あなたはきっと苦しむことでしょう。全ては人の作り出すものです。
f:id:plus-ultra:20151209140316j:image

 

続き。
おもしろいお知らせが届くわけです。
クリシュナさん「剣豪、日本帰ったんだけど、お母さんに精神病院に連れてかれたって(笑)」と。

これを聞いて、やっぱりおかしかったんだと思う人に質問ですが、あなたは生きていて楽しいのでしょうか、事象に対して疑問を抱くことはあるのでしょうか。なぜ?と。
「それってなんで?」を何回か、あなた自身が考えることによって、あなた自身の答えが見えてくると思います。やっぱりおかしかったと思うならそうでしょう。あなたが負の感情を抱いてしまったら、おもしろい答えには辿りつけません。
なぜ、クリシュナさんはおもしろいといって電話してきたのでしょう。

 海外でも、目覚めは広がりつつあります。awake とよく表現されることがあり、日本語ですと目覚めの他に、悟り、第三の目などと言われています。他には、アセンションという概念は持っておいたほうがいいです。意味がわからなくてもいつかわかる時がきます。日本人は潜在能力は一番です。今はまだ抑制されていますが。
なんだよそれと思ったのなら調べましょう。日本は島国という性質もあるので、異文化との交流がやはり少ないです。私旅行してますけど??という人はただの旅行者です。知った気になっているだけです。なにが?と思うのなら、リゾームという言葉を知り、ノマドという生き方について調べましょう。どちらも哲学用語です。インターネットが発達した今の時代、そんなの知らなかったは言い訳です。知りたいことは自分の工夫しだいである程度までなら知れます。
 重要なのは、どちらが人生が楽しくなり、人に優しくできるかというところです。
 今の人生が楽しいという人はそのまま楽しんでください!あなたが楽しいと思うなら、私も楽しいわけです。

 人との繋がりはとても崇高なものです。あなたの思っている以上に複雑で素晴らしいものです。偶然なんてものはないのです。全ては予定調和です。
このブログがあなたの気付きの助けになると幸いです。

読んでくれてありがとうございます。